2006年11月13日

特製佃煮

吉野父ちゃんと母ちゃんの作る「悪魔のソース」シリーズには、
博多んぽん酢だけでなく、トマトソース、土佐酢、フレンチドレッシング、
ゆず酢ドレッシング、たまねぎぼうやなど、実はいろいろあるんです。
博多んぽん酢とトマトソース以外は小売はしておらず、
業務用にしか出荷しない、幻のソースたちです。

んでもって!
中でも土佐酢は、吉野父ちゃんのライフワークとも言えるドレッシング。

醤油と味醂、米酢をブレンドしたものをカツオ節で炊きます。
これが「土佐酢」の原液になるそうです。
カツオ節の一大産地、高知でこの技法が生まれたので、
カツオ節で出来た調合酢のことを「土佐酢」と呼ぶようになったのだそうです。

昔ながらの製法にこだわらず、日本人の味覚の変化によって
商品の味も変えるべきだという父ちゃん。
父ちゃんのソース人生に欠かせないこの土佐酢を、今どのように進化させようか、
新たなる挑戦の真っ最中です。

土佐酢を作る工程で、だしをとったカツオ節や昆布は
本来なら廃棄処分になってしまうのでしょうが、悪魔のソースでは廃棄したりしません。

母ちゃん秘伝のタレを加えて煮込むことで、佃煮に生まれ変わります。
この佃煮が!!!!!
まーーーーーーじでうまいとです!!

特製佃煮

あつあつ御飯にばーーっとかけて、いただくのです。
もうお箸がとまりません!

特製佃煮

うちは私もダンナさんも、いただければ思わず小躍りするほど「悪魔のソース特製佃煮」ファンです。

土佐酢から思わぬ副産物、佃煮。
これもまた残念ながら非売品なのですね。

土佐酢を作るときにだけしか出来ない、貴重な佃煮。
運がよければ、商品発送時に一緒にちょっとだけおすそ分けしてくれるかもしれませんface02

**********************************************
ぽん酢のジャンルを飛び越えた新しい味、「博多んぽん酢」ぜひ試してみてください♪

博多んぽん酢応援隊


同じカテゴリー(雑感・日常)の記事画像
宮崎金柑たまたま
海の恵みと博多んぽん酢
へちおくら
平兵衛酢(へべす)到着♪
神田味噌醸造場の田舎味噌
幻の和風ドレッシング
同じカテゴリー(雑感・日常)の記事
 宮崎金柑たまたま (2008-03-01 19:46)
 放映その後 (2007-12-25 23:58)
 テレビ放映! (2007-12-23 00:38)
 海の恵みと博多んぽん酢 (2007-10-31 23:48)
 へちおくら (2007-09-26 21:01)
 平兵衛酢(へべす)到着♪ (2007-08-17 08:57)

Posted by 博多んぽん酢応援隊長 at 03:00│Comments(2)雑感・日常
この記事へのトラックバック
 農林水産省が「産地廃棄」の見直しの検討を始めたという今日の記事より。
(引用記事は、下部に掲載)

 「産地廃棄」とは、市場に供給される農作物が一定量を超えた場合に、需要の...
豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ…農水省が検討委 【総合情報ニュース徒然草】at 2007年02月07日 16:48
この記事へのコメント
私も、いえ私の家族も、いえいえ私の実家の両親もこの特製佃煮の大ファンです!!
なんとも言えない美味しさですよね~!
私も戴いたときには応援隊長のご主人のように小躍りしてしまいます。
息子は少年野球部で頑張っているのですが、この佃煮を入れて握ったおにぎりが大好きで、パワーの源になってま~す!
Posted by あかしんママ at 2006年11月15日 00:11
もう本当に「うまい!!」以外の言葉が出ない佃煮ですよねっ!
食べはじめたら御飯が止まらないですよね。
商品化してぜひ皆さんにも食べて欲しいです。

お母さんの握る「佃煮入りおにぎり」、むちゃくちゃ美味しそうです!
Posted by 悪魔のソース応援隊長 at 2006年11月15日 15:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。