Posted by at

2009年06月29日

鶏のもも肉焼きトマトソース

冷蔵庫から、トマトドレがなくなって、早1ヶ月もたっていたので
禁断症状が出てしまい、慌てて吉野父ちゃんの元へ駆け込みました。

なくなりかかっていた博多んぽん酢も、業務用サイズでGeticon100
これで当分、残量気にせずパーっと勢いよく使えるから嬉しい^^

商品を取りに行った日に、吉野のお母さんから聞いたレシピで鶏肉を焼いてみました。
これが実に簡単!なのに美味しかったのでご紹介。

塩コショウした鶏肉を皮からフライパンで焼いて、
裏返したとき、肉の上に大葉を敷き詰め、さらにその上に「とろけるチーズ」を乗せて
更に焼きます。
じっくりと火が通る頃にはチーズも溶けていい感じ。

お皿に移したあとのフライパンにトマトドレを注ぎ、サッと水分を飛ばす程度に煮ます。
鶏肉にかけて出来上がり。

鶏のもも肉焼きトマトソース
付け合せに夏野菜を一緒に焼きました。


「チーズとトマトって合うんですよ」とお母さん。

ほんと、組み合わせによっては、美味しさを2倍どころか2乗3乗してしまう
不思議な力がありますよね。

そうそう、たまねぎぼうやが販売開始となりました!!!


これで欲しいときに安定的に入手できます。
これ一本で、魚にも肉にも野菜にも。
博多んぽん酢よりも、穏やかな味わいでありながら
素材の良さをぐーんと引き立てる、甘味のあるタマネギ風味。

新タマネギは、甘いんだけど、まだ若さゆえか味に奥行きが足りないそうで、
新タマネギでも、しっかり味に奥行きがあるものを探した末、
産地としては佐賀のほうのたまねぎを使っているのだそうです。
新タマネギでなくなる頃、四国のほうの産地に切り替えるのだとか。

・・・・素材ひとつひとつに込められた思いや熱意、
私だったら、きっと、皆さんに知って欲しくて広告物にどーーんと宣伝してしまいそうです。
けれど、吉野父ちゃんもお母さんも、そんなことはわざわざ言わないんですね。

当たり前を当たり前に。っていうのはこういうことなんだと思います。


とはいえ、応援隊としては声高に言いたい。

たまねぎぼうや、ぜひ一度味わってみてくださーいicon173
  


Posted by 博多んぽん酢応援隊長 at 01:23Comments(2)トマトドレ